婦人

観光しながら倉吉自動車学校で免許を取りましょう

免許で航行区域が異なる

船

多くの有名人も持っている船舶免許ですが、船舶免許には種類があります。また、船舶免許を持っていなくても運転できるものもあるのでそれも一緒に紹介します。船舶免許をとるにはまずコースがあり、国家試験受験コースと、教習所で勉強した後国家試験と同じようなレベルの学科と実技の試験を受ける国家試験免除コースの2つです。小型船舶免許には一級と二級と特殊の小型船舶操縦士があります。一級は18歳から取ることができ、航行区域に限りがなく重さが20トン未満の船舶まで操縦することが可能です。二級は16歳から取ることができ、区域は海岸から45km以内となり一級よりも区域が狭くなります。重さは20トン未満となり一級と変わりません。特殊は16歳からで、陸岸から約4km弱までの区域で操縦が可能です。この特殊というのは水上オートバイを操縦するときに必要な免許になります。ビーチなどで水上バイクがありますが、免許がないと運転できませんので注意してください。営業目的で小型船舶を運転するときには小型船舶操縦士特殊免許が必要になり、20歳から取ることができます。教習所での合格率は学科が9割、実技が約10割なので、勉強すればほとんどの人が受かるでしょう。免許がなくても運転できるものは大きさが3m未満で、馬力が2未満の船になります。また、簡単にプロペラを止めることができるスイッチが付いている必要があります。小型船舶を運転したいのなら教習所へ通って取るようにしましょう。