婦人

観光しながら倉吉自動車学校で免許を取りましょう

視力には注意

粘土の車

合宿免許を利用することになったときに何を持って行けばいいのかわからない人もいるはずですが、まず住民票や印鑑、筆記用具などが必要になります。住民票は役所などで手に入れることができます。シャチハタの印鑑は使えないので気をつけてください。また、現在免許を持っているのであればそれも忘れずに持参するようにします。後は身分証明できる保険証などが必要です。基本的に生活するのに必要なものは合宿免許の宿泊施設で準備されていますが、タオルや歯ブラシ、体調を崩したときのための保険証のコピーなどを持って行くといいです。
視力に問題がある人はメガネやコンタクトを忘れないようにしてください。視力が一定以下の場合は運転することができません。また、メガネやコンタクトがあったとしても視力を測ったときに悪いのであればメガネなどを持っている意味が無いので、基準を満たすようにメガネやコンタクトを作り直すようにしましょう。普通自動車であれば片眼で0.3以上、両眼で0.7以上が必要になり、中型車や大型車であれば片眼で0.5以上、両眼で0.8以上かつ深視力の誤差が20mm以内となっています。
初めて運転する人だけでなく免許を持っている人でも靴はスニーカーがいいです。なぜかというと厚底の靴だとアクセルやブレーキを踏むときに感覚が掴みづらいからです。厚底の靴で合宿免許に行って、感覚がわからないという理由で免許が取れなくなってしまうのはもったいないですから、しっかりと踏んでいる感覚がわかるような靴を履いて合宿免許へ行きましょう。